消費者金融を使う利点とは?

消費者金融でお金を借りる、と言うと、それだけでなんだか危なそうな雰囲気を感じてしまう人は多いと思います。一時期は過剰な取り立てや利息率の高さにより、債務者が自殺に追い込まれるなどといった悲しいニュースがよく流れていました。ですが、最近では法律が厳しくなってきたこともあり、昔ほど消費者金融がマイナス面ばかりというわけでもなくなってきているようです。

たとえば、初めて消費者金融でキャッシングを行う場合、返済期間によっては利息がゼロ円になるというサービスをおこなっている企業もありますし、消費者金融側としては、よりカジュアルにキャッシングをおこなってもらい、クレジットカードのように、お金の支払い方法として選択できる手段のひとつとしての存在意義を確立しようとしているのかな、という雰囲気が感じ取れます。

もちろん、気軽にお金を借りすぎて返せなくなるというのは最悪のパターンですが、使い方によっては便利な面もあるようですね。

上手に利用すればとても便利な消費者金融

消費者金融=サラ金のイメージがありますね。だけど今は法整備が整ってある意味消費者が法律で守られてますね。現実にサラ金法規制入ってから大手のサラ金業者が倒産したり吸収合併したりされたりって結構ありました。

消費者金融も上手く利用すればそんなに返済に苦労しないはず。要は借りる側の問題につきる。それと消費者金融には貸倒引当金っていう保険があります。これは債務者が消費者金融からお金借りて返済不能になった場合に消費者金融に下りる保険です。

消費者金融は一般的に利息高いですね、その利息の一部がこの保険代になってます。なので消費者金融は利息高い。その反面、銀行より審査簡単でスムーズに迅速にお金貸してくれます。

ただ、この貸倒引当金という保険を消費者金融が利用するには条件があります。身近なところで言えば債務者が自己破産して弁護士または裁判所から受任通知書来た場合。

消費者金融も会社です。当然働いてる従業員に社員います。その人たちの給料支払いやら色々支出があります。そのために貸倒引当金っていう保険があります。まあ、消費者金融は利息高いから借りるときは一時的なものとか短期間が望ましいですね。

消費者金融を使ってみた時の感想

消費者金融に勤めていた者です。務める前の消費者金融のイメージは「督促が怖い」「法外な金利」など、決して良いイメージではありませんでした。しかし勤め始め、会社の社内規定や貸金業法を学んで行くうちに抱いていたイメージとは違い、顧客第一の良心的な会社だと分かりました。

世間一般的なイメージの「滞納したら督促の電話が毎日くる」や「高い金利で貸し付けられて全然元金にまわらない」という事は一切なく、支払い日が遅れそうな時は電話一本すれば支払い日の延期も出来ますし、督促の電話も一切しません。利息も法廷内で定められた範囲での貸付になりますので元金に当たらないという事もありません。

また、毎月の決められた返済額の返済が困難な方には担当者が親身になって相談に乗り返済金額の調整や返済計画などを考えてくれます。急な冠婚葬祭などで利用する分にはまったく問題ないと私は思います。また複数の消費者金融から融資を受けておられる方がいらっしゃれば安い金利でおまとめローンも組めるので、そう言った方は一度金融会社に相談されると良いと思います。